メントレGのみのもんた 

みの もんた(本名:御法川 法男(みのりかわ のりお)、1944年8月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、実業家。1967年4月から1979年9月まで文化放送社員。社員時代のほとんどの期間をアナウンサーとして業務を担当。東京都世田谷区、宮城県栗原郡鶯沢町(現・栗原市)出身。立教高等学校(現・立教新座高等学校)、立教大学社会学部卒業。神奈川県逗子市在住。血液型はA型。

現在の日本を代表するテレビ司会者であり、世界一メディアでしゃべり続けている男性として非常に有名である。2006年11月28日には、「1週間で最も長時間(21時間42分)、テレビの生番組に出演する司会者」として、ギネスワールドレコーズの認定を受けており[1]、ギネスワールドレコーズ2006年版には、「世界一テレビでしゃべり続けている男」として掲載される見込みである。また、水道メーター製造・販売会社ニッコクの社長でもある。この他、日本火消し保存会顧問や東北福祉大学客員教授も務めている。

徳光和夫、伊藤勉は大学放送研究会の先輩にあたる。古舘伊知郎と久保田光彦(元テレビ東京、現フリー)は大学の後輩。政治家の御法川信英は遠縁。

愛称は『みの』『みのさん』『みのちゃん』。ただし『みのちゃん』と公の場で呼ぶのは和田アキ子と徳光和夫ぐらいである。子供は2男1女がいる。愛犬はミニチュア・ダックスフントのテュフォ・フォーレ。

産経新聞に報道局社会部記者として入社するが、フジサンケイグループの新人研修後にAMラジオ局の文化放送に転属し、アナウンサーとなる(1967年4月入社、当初はニュース専門だった)。同期のアナには落合恵子などがいる。そして、ラジオ・野球中継ベンチレポーターの草分けで、深夜放送『セイ!ヤング』の初代パーソナリティー(1969年6月〜1973年3月まで担当)として、若者の教祖的存在[要出典]になる。

ほぼ同じ頃、洋楽ランキング番組『オール・ジャパン・ポップ20』(『全国ポピュラーベストテン』の前身)では、オープニングで「♪みのみの〜、もんた、みのもんた」と、独特の節まわしでリスナーの関心を惹きつけた(高橋小枝子とDJを担当)。

後に、『みのもんたのワイドNo1』、『ダイナミックレーダー〜歌謡曲でいこう!〜』等を担当し、文化放送と同じくフジサンケイグループに所属するフジテレビの番組にも出演。オールスター水泳大会の司会などで人気を博したが、人事異動で営業部へ配転される。

1979年9月に文化放送を退社。父親が経営するニッコクに勤務した。その傍ら、東海ラジオでニュース担当の契約アナウンサーも務めた。一時は東海ラジオへの番組出演も打診されたが、本人は「文化放送と東海ラジオの現場の雰囲気は違うから」と言って、断っている[要出典]。

その後『プロ野球ニュース』の週末版にてキャスター業に復帰し、現在では、最もレギュラー番組の多い司会者の一人である。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。